Mac10.8でvagrantのディレクトリをfinderで操作する

ドットインストールの「#10 共通テンプレートを編集しよう」で、finder?に画像をドラッグアンドドロップしてました。
どうやるのか調べてみました。毎回やるのが面倒なので、もっと簡単にできる方法があればいいんですが・・・

#以前は下記の誤ったコマンドを紹介していました。
#sshfs vagrant@mokkai.rails.com:3000 ~/Drive/rails/
正しくは、「sshfs vagrant@mokkai.rails.com:niko_baj ~/Drive/rails」
ポート指定していた所は、リモートディレクトリのパスですね。
使い方: sshfs [user@]host:[dir] mountpoint [options]

参考URL

下記を参考にさせて頂きました!
仮想マシン上に構築したWordPress環境をFinderから操作する
http://ottan.me/2013/04/01/operated-from-finder-wordpress-environment-built-on-virtual-machine/

■Macでやること

sshfsパッケージをインストールしてやります。
SSHFSはsshサーバにあるディレクトリをローカルにマウントして直接いじる事ができるようになるらしいです。ってことはvagrantだけでなく普段の業務でも使えそうな気がしますね。

ただ、vagrant環境でいちいちこれをやるのは面倒くさい気がしているので、他に方法があればいいんですが。
さて、私はhomebrewを使っているので、brewコマンドを使います。

brew install sshfs

結構、時間がかかります。
お茶でも飲んで待ちましょう(●’ω’)_旦‾

■仮想ディレクトリをマウントする

もうちょっと汎用性のあるディレクトリを作成したかったんですが、マウント場所を作ってマウントします。

sshfs vagrant@mokkai.rails.com:niko_baj ~/Drive/rails

“fuse4x kernel extension was not loaded”って言われたら

sudo /bin/cp -rfX /usr/local/Cellar/fuse4x-kext/0.9.2/Library/Extensions/fuse4x.kext /Library/Extensions
sudo chmod +s /Library/Extensions/fuse4x.kext/Support/load_fuse4x
sshfs vagrant@mokkai.rails.com:niko_baj ~/Drive/rails
open ~/Drive/rails

さぁ、これでマウントができたことを確認しました。

■パーミッションを追加する

早速、画像ファイルをコピーして貼り付けようとした私は権限がないと怒られてしまいました。
それもそのはず、私がこれまでvagrant上での操作はroot権限で作業してきたのでrootでしか操作できないんですね。
アカウントを追加してもいいんですが、ディレクトリ以下のパーミッションを変える方が打つコマンドが少ないのでそれでやります。
(;・∀・)まぁ、勉強用だしね。本番アップでやるときはちゃんと考えないとですが・・・

ということでvagrant上で

sudo chmod -R 777 taskapp

してあげました。

これで、無事にfinder上でファイルをコピーしてあげる事ができました
メデタシメデタシ。