東京-ふもとっぱら☆ツーリング 反省点

今回の旅は色々反省が多かったので記事にします。

0.ルートの通行止めを確認しましょう
山梨県道35号が通行止めだった。
お陰で無駄に登坂して、道に迷って時間を浪費した。

通行止めは事前に確認しましょう。

1.キャンプライド(冬)における距離と時間
2000円払ってほぼ寝るだけのキャンプになってしまった。
距離的や獲得標高的には辛くないけど、もっとキャンプ時間を楽しみたかった。
(上限をどこに置くかを手繰る計画だったので、目的は達成できた)

翌日の撤収作業もあるし、夏場のベンチ寝や宿泊より時間がかかる。
行きは撤収がないけど、帰りは日の出の後、ご飯を食べて撤収をするので、日の出から出発に1、2時間はかかる(寒いから暖まりたいし)

日照時間(9h) – 撤収時間(2h) = 走行時間(7h)
停止込みで平均時速15km/h。(積載量は10kg)

距離にして大体105kmくらいが、キャンプもライドも楽しめるという基準にたどり着いた。

2.対流。重ね着すればいいってもんじゃない
脱ぐのが面倒で、寝た時のまま、5枚着て走ってた。
インナー、ヒートテック、半袖サイクルウェア、長袖サイクルウェア、ウィンドブレーカー。

お風呂で熱いのが上へ、冷たいのは下へ移動するように、
服の中でも同じ現象が起きた。

体の芯の熱が常に奪われ続け、東京に入ってから脱いだのだけど、
低体温症の一歩手前を味わった。
この現象は夏でも起きるので注意したい。

体の熱が奪われ続けると、やたらお腹が空く。
軽い疲れと眠気も襲ってくる。

汗でビッショリになったヒートテック、半袖サイクルウェアを脱いだ後は楽だった。

3.金属エンドバーで凍傷になった
指ぬきグローブで、金属エンドバーを握り続けたら凍傷になった。
半月経過した今でも、握っていた部分が痺れる。

せめて、何か巻けばよかった。
冬用グローブすればいいだけだったりもする。