Wahoo ELEMNT Boltを購入しました!設定編(2)

WAHOO ELEMNT BOLT

ナビゲーションやワークアウトデータの設定はアプリから行います。

◆設定

  1. 最初にアプリ「WAHOO ELEMNT」をダウンロードします。
    http://www.wahoofitness.com/instructions/elemnt-bolt
  2. BLUETOOTHを有効にしてアプリを開きます
  3. 本体にQRコードが表示されるのでアプリでスキャンします。
  4. ダイアログが表示されたらペアリングを完了します
  5. アプリにログインページが表示されるのでWahoo Fitness CloudかFacebookのログイン情報を使用します。(データをバックアップしてデバイス間で同期するために必要です。スキップすると他のデバイスでデータを表示することができないようです。不要な人はスキップでいいかも)
  6. ELEMNT BOLTをWi-FIに接続して次のサービスを有効にします。
    • ・デバイスのアップデート
    • ・ライドデータのアップロード
    • ・マップのダウンロード
  7. お気に入りのフィットネスサイトにログインすると自動的にライドデータをアップローできるようにします。
  8. ELEMNT BOLTで使用する基本情報を設定します。カロリーやHRゾーンの指標を計算するために使われます。

以上で設定は終わりです。

◆インターフェース

電源(設定)ボタン:

長押しで電源の入切。タップで設定画面への切り替え。
設定画面に切り替えるとバックライトをオフにしていても必ず点灯します。
真っ暗闇の中で操作できないという事がないようになっています。

履歴ボタン:

トレーニング履歴、週間レポートを表示します。詳細な情報はアプリやアップロードしたサイトで確認します。
履歴ボタンは中止や、新規ラップのためにも使われます。

ページボタン:

ワークアウトデータ、クライミング、ナビゲーションページに切り替わります

メニュートグル(上/下ボタン):

設定メニューの上下、ワークアウトページの画面分割、ナビゲーションのズームインアウトができます。

LEDインジケータ:

パフォーマンス指標、通知、ページ位置、方向転換などに使用されます。
パフォーマンス指標として速度、パワー、心拍のどれかを示すように設定できます。

USB:

充電ができます。走行中も可能ですが、エアロマウントだと隙間がなく厳しいです。

  • ・速度:中央が平均を示し、右に行くほど平均より高いことを示します。
  • ・パワー:現在のパワーゾーンを左から右に表示します。6〜8ゾーンの間を設定できます。
  • ・心拍:現在の心拍ゾーンを左から右に表示します。

◆設定画面

  • バックライト;バックライト:オン/5秒オン/オフ
  • ロケーション:屋内/屋外に設定します。(屋内ではGPSと標高をオフにします)
  • LEDS:オン/オフ切り替え
  • センサーを追加する:接続されたセンサーの表示と、センサーの新規追加。互換性のあるセンサーを近くに置くと自動的に接続を試みます。
  • 電話を忘れました:ペアリングを解除して、QRコードを表示し再度電話とのペアリングを有効にします。(正確に翻訳するなら電話とのペアリングを忘れる)
  • システム情報:ELEMNT BOLT ID、バージョンを表示し、手動更新、Factory Reset、デバイスに保存されているデータ削除、セットアップ(言語、単位、タイムゾーン、時間、日付)、準拠情報の表示、設定ができます。

※本体でできる設定はアプリから行うことが可能です。

◆本体のアップデート方法

Wi-Fiに接続しているときアプリか設定画面から更新します。
設定画面→システム情報→バージョンまでスクロールしてチェックを選択→更新を実行します。
利用可能であれば、更新を確認してダウンロードを行います。
現時点で更新がない場合は最新の情報が表示されます。

※ELEMNT BOLTの使用を妨げることがないように、自動更新は初期インストール後または電源オフの直前のみ実行されます。

◆アプリ

4つの領域(タブ)で構成されています。
ライド、結果、プロフィール、設定です。

ライド:

ライド開始、センサーの状態、屋外/屋内の切り替え、トラッキングのシェア、ルート設定があります。

ルート設定では、行き先を検索、履歴から作成、ウェブから同期、ファイルのインポートなどがあります。

結果:

履歴の詳細を見ることができます。

プロフィール:

Wahoo Fitnessのログイン
リンク済み合うカウントの設定(iPhoneヘルス、RideWithGPS、Strava、TraningPeaks、Todays’s Plan、SportTracks、MapMyFitness、Dropbox、BestBikeSplit、Komoot)
名前、身長、体重、生年月日、性別、距離の単位、パワーゾーンの設定、心拍ゾーンの設定

設定:

利用できる更新があれば、一番上に表示されるようです。

  • センサーとデータ:ページカスタマイズ、センサー設定、LED、サウンド
  • 場所:ライブトラッキング、マップ管理、常にマップを回転、STRAVAライブセグメント(STRAVA有料機能)
  • 使用(ライド):自動一時停止、自動ラップ(オフ/距離/時間)、バックライト(オフ/5秒/オン)、平均ケイデンスのゼロが…(途切れていてちょっと謎)
  • Wi-Fi:WIFIネットワーク設定、自動アップロード
  • アラート:電話、メッセージ、メール(iphoneのみ)をオンにするとポップアップアラートが表示される
    邪魔しないでください(ELEMNT BOLTにアラートが表示されたとき、DNDを押せばここで設定した時間アラートを無効にすることができる
  • 設定:自動シャットダウン(オフ/15分/1時間/2時間)
  • 情報:アプリのバージョン、ELEMNTのバージョン、ELEMNTのペア解除


ページカスタマイズでは大量のデータから9つを選ぶことができます。

◆基本的な使い方

事前準備

基本設定をして
ルートを用意する
ワークアウトページのカスタマイズ
をして置くくらい

ライド中

ワークアウト、ヒルクライム、ナビゲーションのページを切り替えるくらい

Wahoo ELEMNT Boltを購入しました!購入編(1)

Wahoo ELEMNT Boltを購入しました!ナビ編(3)